相模女子大学

栄養科学研究科

修了生インタビュー

社会人として、教育者の立場から探究できました
2016_og_03

藤井さん
栄養科学研究科 栄養科学専攻
博士前期課程 2014年3月修了

教壇に立ち続けるのであれば、自分も最新の知識や情報を探究して、それらを生徒に還元していかなくてはならない。私が大学院で女子高校生の食事情について研究しようと思った理由です。高等部の協力のもと、食事の時間や内容、共食者などについて調査を行いました。食環境の実態を把握するとともに、どうすれば高校生の食行動を変えられるのか、というコーチングスキルを身に付けました。

2016_og_04大学院では最新の情報を手に入れるために、先行研究の論文を自ら探して読み込み、自身の研究成果を論文として残します。研究を進める人がいることによって、世の中のさまざまなモノが進化し、論文が人々の役に立っています。
これからも新しい情報を得て、中高生の食事がより豊かに、そしてQOLの向上につながるような家庭科の授業を展開していきます。