相模女子大学

管理栄養学科

卒業生インタビュー

患者さんの栄養管理・指導のために医療知識から身近な情報まで学びます

大城さん:IMSグループ 横浜旭中央総合病院 勤務 管理栄養士
管理栄養学科 2016年3月卒業

総合病院の管理栄養士として、整形外科、脳神経外科、消化器内科を担当しています。脳神経外科では毎朝、その他では週に1回のカンファレンス(会議)があり、医師、看護師、薬剤師、作業療法士など、チームで情報を共有します。
患者さんにとって適切な栄養管理を行うためには、カンファレンスで診療科ごとに病気や各スタッフの専門性について理解しなくてはなりません。専門書を読んだり医師に聞いたりして、日々勉強しています。また、栄養指導では患者さんと信頼関係を築くことがとても大切です。食品の価格や内容、テレビの健康番組などをチェックして、間違った情報を信じている場合はエビデンス(根拠)に基づいて説明します。
相手の気持ちに寄り添いながら、体にも家計にも負担の少ない食事療法を考えています。

主な進路先(過去3年間・順不同)

横浜旭中央総合病院/慈誠会病院/北里大学病院/順天堂大学医学部附属静岡病院/川崎市保育会/岩瀬保育園/寿楽園/ツクイ/エームサービス/NECライベックス/シダックス/セントラルスポーツ/エポックスポーツクラブ/マッシュスポーツラボ/亀田製菓/三菱食品/ヤマダイ食品/山崎製パン/シルバーライフ/癸巳化成/日本天然物研究所/サンドラッグ/相模原市役所/東京都庁/小田急商事 ほか