相模女子大学

【地域連携】第32回相模原薪能が開催されました

2019/08/26

8月15日(木)、第32回相模原薪能(たきぎのう)が開催されました。
今回は天候不良が予測されたため、会場を本学グラウンドから相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)に移しての開催となり、950名もの方々にご来場いただきました。

当初予定されていた火入れ式はありませんでしたが、本村相模原市長、風間学長、石川相模原市議会議長による挨拶の際には、巫女の姿をした本学日本語日本文学科の学生2名が花を添え、演目解説の後、仕舞・狂言・能の順で演目が行われ、来場者に「能楽」の幽玄の世界を堪能いただきました。
尚、当日の場内アナウンスも日文の学生で、巫女の学生とともに「伝統文化実習」を履修しており、授業では能の勉強もしています。3名とも能楽の舞台裏を垣間見ることができ、いい経験になったと話してくれました。

演目

演能 宝生流

  • 仕舞「氷室(ひむろ)」/藪克徳 他
  • 仕舞「杜若(かきつばた)」/金野泰大 他
  • 狂言「口真似(くちまね)」/山本則俊 他
  • 能 「船弁慶(ふなべんけい)」/宝生和英 他

主催

公益財団法人相模原市民文化財団・学校法人相模女子大学・相模原市


関連リンク
関連記事