相模女子大学

【地域連携】福島県本宮市で農業体験及び企業研修を行いました

2019/06/28

6月21日(金)~23日(日)の3日間を通し、学生26名が福島県本宮市にある本学専用農園「マーガレットファーム」で農業体験及び、青木フルーツホールディングス株式会社様において企業研修を実施しました。

22日(土)は、今にも降り出しそうな梅雨空の下、本宮市長をはじめ歓迎会を開いていただき、農家の方々の指導を受けながら玉ねぎやじゃがいもの収穫を行いました。時折太陽が照りつける中、汗を流しながらも、自分たちの育てた野菜の収穫に笑顔を見せていました。 お昼には、収穫した野菜を使ったカレーをもりもり食べ元気いっぱいになりました。

午後からは、青木フルーツホールディングス株式会社様のタルト工場を見学し、会長の青木様から直々に会社の経営理念や経営方針などを中心とした熱い講話を拝聴しました。タルトとフルーツジュースをプレゼントしていただき、最高の笑顔となりました。

23日(日)は、花壇の草取りと花の苗植え、野菜の苗植えを行いました。雑草を抜く作業は大変ですが綺麗になった花壇に花の苗を植えると笑顔が溢れていました。今回植えた里芋は11月の相生祭で販売予定です。昼食は、収穫した野菜で作った豚汁とおにぎりをいただき、大地の恵みに感謝をしました。

午後からは地域交流センターに移動し、原発事故による放射線や農産物の安全に対する施策について正しい知識を学ぶことができました。

今回も、ご協力いただいた本宮市役所、農家民宿連絡協議会、青木フルーツホールディングス株式会社の皆様には感謝申し上げます。今後も学生・教職員とともに本宮市の復興支援に取組んでいきます。

[連携教育推進課]


関連リンク
関連記事