相模女子大学

【地域連携】「LO活フォーラム」で糸島プロジェクトの事例報告をしました

2019/03/14

大学における地域連携のあり方とキャリア形成の可能性について考える「LO活フォーラム」が3月10日(日)に昭和女子大学にて開催され、本学から糸島プロジェクトに取り組む学生2名と担当教員としてメディア情報学科の久保教授が事例を報告しました。

同フォーラムは、厚生労働省が進める「地方人材還流促進事業」(LO活プロジェクト)の一環として行われ、地域連携プロジェクトを通じて実践的な大学教育を行うことで、人材育成、地域貢献、地方創生等を推進している大学として選ばれた3大学(相模女子大学・昭和女子大学・大正大学)から取組みが紹介されました。 当日は、地方就職に関心のある社会人・学生や若者の地方UIJターン促進に関心のある自治体関係者の方等が来場され、報告の後に行われたパネルディスカッションでは、具体的な質問がなされる等、関心の高さが伺えました。

【糸島プロジェクト(概要)】
これからの女性の多様なはたらき方を調査・研究し、社会における女性又は自身の人生形成(生き方)における気づきや考え方を持つことを目的としたプロジェクト。福岡県糸島市をフィールドに、様々な働く人たちから話を聞き、「自分は将来何のために働くのか」「自分はどんな働き方をしたいのか」を考えます。

[連携教育推進課]


関連リンク
関連記事