相模女子大学

【高等部】 新井啓太教諭による南極 昭和基地からのライブ授業!が行われました

2019/01/30

現在、第60次南極地域観測隊に教員南極派遣プログラムの参加者として同行し、昭和基地に滞在している本学高等部の新井啓太教諭による「南極授業」が、1月29日(火)、夢をかなえるセンター ガーデンホールで行われました。

当日、会場には大型スクリーンが設置され、衛星回線を通じて映し出された新井教諭の姿に、ガーデンホールに集まった中学部・高等部の生徒たちから歓声が沸きあがりました。
新井教諭や観測隊の方々から現地での活動の様子が動画や画像で紹介されると、会場の生徒たちは目を輝かせながら新井教諭の説明に耳を傾けていました。

その後、本学から中学部・高等部生徒による観測隊へパフォーマンス披露が行われ、新井教諭の担当教科である美術に加え、音楽、書道の芸術分野を融合したパフォーマンスが披露されました。
南極から観測隊の方々と一緒にパフォーマンスを鑑賞した新井教諭は、生徒たちが一生懸命パフォーマンスに取り組む姿にとても感銘を受け、生徒たちを称えました。中心となってこれまで準備を進めてきた生徒たちの中には、感動のあまり涙を見せる生徒もいました。

最後に県内外の小学校・中学校・高等学校が中継でつながれ、各学校から新井教諭や観測隊の方への質疑応答がなされました。

第2回目の南極授業は、2月3日(日)に東京・立川市の国立極地研究所で行われます。