相模女子大学

【英語文化コミュニケーション】学生が「第10回全国エコツーリズム学生シンポジウム」にて発表しました

2018/12/14

12月8日(土)、滋賀県大津市コラボしが21で行われた、第10回全国エコツーリズム学生シンポジウムにおいて、全国33大学の応募から8つの口頭発表の1つに選抜されました。

英語文化コミュニケーション学科3年生で九里ゼミナール所属の大友美沙季さん、紺野真由さんが、この1年間ゼミナールでフィールドワークを行った富山県グリーンツーリズムとやま帰農塾について「消滅可能性自治体からの脱却―富山県朝日町の地域の暮らしのエコツアー化の実証実験―」という発表を全国から駆け付けた200名の参加者の前で行いました。

掲載概要

【掲載媒体】毎日新聞
【掲載日】2018年12月9日(日)
【掲載記事】全国エコツーリズム学生シンポジウム 研究発表 県内で初 県立大生、沖島での取り組み紹介 大津 /滋賀

[英語文化コミュニケーション学科]