相模女子大学

【ブランディング】2018年度「さがみ発想講座」開講

2018/10/10

9月27日(木)、11号館1141教室において、今年で7年目となる全学共通科目の「さがみ発想講座」がスタートしました。

第1回目は、風間学長による「さがみ発想講座」全体のガイダンスが行われました。
風間学長はガイダンスの中で、「発想とは何でしょう?」と学生に投げかけ、「発想力をつけるというのは難しいテーマですが、発想とは、『“正しい答え”がないことに“答え”を見つける』ことだと思います。」との説明がなされ、次回の授業である「連歌」や「連句」の特徴について触れ、「発想とは降ってくるものとよく聞きますが、自分の中にあるものや記憶の中から見つけることが発想力ではないかと思います」との興味深い話がなされました。

また、発想グッズとして、教室内に体にフィットする大きなクッションが持ち込まれ、風間学長、学生が一人ずつクッションに座って、リラックスしながら「私の秋」をテーマに自己紹介をしました。甘いスイーツや芸術、運動、景色など、それぞれの秋への想いが発表され、和やかなムードで授業が行われました。
最後に「秋」をテーマに句作を行い、次回、その中から一句を選び、連歌や連句の授業が行われるとのことです。

さがみ発想講座では、さまざまな学科の教員による発想法の授業をとおして、自分でテーマを決めて、最終成果物を提出し、最後に修了証が授与されます。


関連リンク