相模女子大学

【地域連携】南消防署新型梯子車の設定状況確認を行いました

2018/08/29

8月28日(火)、相模原市消防局南消防署において新型梯子車の導入による車両特性変更に伴う車両進入状況および建物への梯子設定状況の確認を本学のキャンパスで行いました。

この梯子車は、先端屈折式+水路付きで、はしごは30メートルの高さまで伸び、消火と救助活動のスムーズな連携が可能なため、より作業効率が向上するというものです。
午前中は小型消防車でキャンパス内の道路状況を確認し、午後からは新型梯子車による本学の建物での人命救助及び消火活動が円滑に遂行可能か調査をしました。3号館の前で実際に梯子車を設定し、30メートルまではしごを伸ばしたり、方向を変えて11号館の屋上まで到達したり、本学の職員も同乗し、本学での設定確認を行いました。

今後も、消防機関や関係機関との連携を図り、災害対応能力の向上を目指していきます。

[総務課]


関連リンク