相模女子大学

【地域連携】新潟県佐渡市で行われた「夏の彩典 たかち芸能祭」に参加

2018/08/27

8月13日(月)、新潟県佐渡市高千(たかち)地区で開催された「夏の彩典 たかち芸能祭」に9名の学生が参加しました。
今年で16回目を迎えた、お盆の恒例行事である「夏の彩典 たかち芸能祭」では、高千地区の集落が一堂に会し、各集落に古くから伝わる伝統芸能(鬼太鼓など)が披露されました。

8月10日(金)に東京を出発し、夕方頃高千地区に到着した学生たちは、その日の夜のうちに5つの集落に分かれ、芸能の稽古に参加しました。昨年も参加した学生の中には、お面を特別につけさせていただいた集落もありました。3日間という限られた準備期間でしたが、集落の方々の厳しくも暖かいご指導のおかげで、本番では堂々と芸を披露することができました。
滞在期間中は芸能の練習だけでなく、史跡佐渡金山の散策や、海水浴、滞在していた北片辺・南片辺地区の散策等、現地での生活も存分に楽しみました。

学生が「夏の彩典 たかち芸能祭」に参加するようになって今年で10年目を迎えました。毎年温かく迎えてくださる集落の方々のおかげで、学生たちにとって佐渡は”第二の故郷”となっています。在学中だけでなく、卒業後も毎年のように芸能祭を訪れる方もいます。
学生を受け入れるために多大なるご協力を頂いております、各集落の皆様、たかち芸能祭実行委員会の皆様に改めて御礼申し上げます。

[連携教育推進課]


関連リンク
関連記事