相模女子大学

【英語文化コミュニケーション】小林裕和客員教授による授業が行われました

2018/08/01

7月20日(金)マーガレット本館2141教室にて、小林裕和客員教授による授業が行われました。今回は、英語文化コミュニケーション学科の3・4年生を対象に、『旅行商品企画(ビジネスプランニング)』をテーマにお話し頂きました。

小林氏は、現在も旅行会社で活躍されているほか、実務と研究と両分野から、 観光を通じた社会貢献の実現を目指し、活動されています。

第一部では、旅行商品の種類・流通・造成についての概論、並びに、旅行商品を造成する上でのマーケティング戦略について、事例を元にお話しいただきました。小林氏は、近年、多くの外国人観光客が日本に訪れていることに触れ、旅行者の多種多様なニーズを知り、それに応えることが重要であり、旅行商品を造成する際には、どんな交流や経験ができるか、という要素を盛り込むことが重要である、と述べられました。

第二部では、数人ずつのグループに分かれて、学生自ら旅行商品を企画するワークショップを行い、企画した旅行商品について発表を行いました。

今回の授業は、夏休みの直前であったことから、「夏休みの間に、何か1つでも継続して物事に取り組んでみてください。そうすれば、今後の人生が違ったものになります」と、学生たちへエールを送ってくださいました。

旅行業界に興味のある学生にとって、将来のキャリアを考える良い機会になったことでしょう。


関連リンク