相模女子大学

【表彰】生活デザイン学科の学生7名が「六本木デザイナーズフラッグ・コンテスト2018」にて入選しました

2018/01/17

「六本木デザイナーズフラッグ・コンテスト2018」にて、生活デザイン学科3年生の学生7名(真壁彩佳さん、東島みほさん、山田美咲さん、大川花純さん、石川菜々さん、舟木麻由美さん、平良美月さん)が制作した8点の作品が入選しました。本学からは3年連続の入選となります。

このコンペティションは、六本木商店街振興組合主催、港区後援、日本グラフィックデザイナーズ協会、東京ミッドタウン、六本木ヒルズ協力で、全国からプロのデザイナーやデザイン系の学生から多くの応募があります。その中から、第一線で活躍する著名デザイナーの厳正な審査を経て、138点の入選作品が決まりました。本学からは、エントリーした8点の作品が入選いたしました。

入選作品のフラッグは、実際のフラッグとして大きく制作されて六本木の街路灯に掲出、「アート・デザインのまち六本木」を演出します。掲出期間は、3月下旬から1ヶ月間程度を予定しています。お近くにお寄りの際は、是非ご覧ください。

入選した学生の作品詳細は下記関連記事よりPCサイトでご覧ください。

また今回の入選に関するお問い合わせは、北谷しげひさ教授の研究室宛にメールをお送りください。

お問い合わせ先

北谷しげひさ研究室 kitatani(アットマーク)sepia.ocn.ne.jp

※写真は左から真壁彩佳さん、東島みほさん、山田美咲さんの作品です。

[生活デザイン学科]


関連記事
関連リンク