相模女子大学

【メディア情報】第38回メディアトーク「芝居・役者・演技 ―舞台俳優 石田圭祐さんに聞く―」開催のお知らせ[11/20・月]

2017/11/16

第38回メディアトーク
舞台俳優 石田圭祐さんによるメディアトーク開催のお知らせ

メディア情報学科では、11月20日(月)18時から19時30分まで、文学座所属の俳優 石田圭祐さんをお招きして、第38回メディアトーク「芝居・役者・演技 ―舞台俳優 石田圭祐さんに聞く―」を開催します。

石田さんは、40年にわたって第一線の舞台俳優として数多くの作品に出演し、2015年には文学座公演『明治の柩』の旗中正造役で第23回読売演劇大賞男優賞の上半期ベスト5に選出されているほか、声優としても活躍されています。

今回は、俳優の仕事や演劇を作り上げる過程、演技の苦心などについて語っていただきます。本学の大学・短期大学部学生と高等部生徒、および全学の教職員の方々はどなたでも参加していただけます。豊富な舞台経験を背景にした興味深いお話が伺える貴重な機会ですので、ぜひお越しください。

開催概要

日時

2017年11月20日(月) 18:00~19:30

場所

相模女子大学7号館712教室

対象

相模女子大学・相模女子大学短期大学部学生、高等部生徒、全学教職員

入場料

無料

お問合せ先

メディア情報学科 田畑雅英
tabata_masahide(アットマーク)isc.sagami-wu.ac.jp

【石田圭祐氏 プロフィール】
1976年、文学座研究所入所。1981年、文学座座員となり、現在に至る。
1977年、文学座アトリエ公演『四ツ木橋哀歌』で初舞台。
以後、『愛と偶然の戯れ』(1988)『夢の泪』(2003)『オットーと呼ばれる日本人』(2008)『トロイアの女たち』(2010)『ガリレイの生涯』(2013)『尺には尺を』(2014)『中橋公館』(2017)など出演作多数。
また、映画『黒い雨』(1989)に出演のほか、『幸せのちから』『スパイダーマン』『NARUTO』など映画・アニメのアテレコ出演も多数。

[メディア情報学科]


関連リンク