相模女子大学

【地域連携】福島県本宮市で「もとみや秋祭り」に参加し、「マーガレットファーム」で秋野菜の収穫を行いました

2017/10/31

10月27日(金)~29日(日)の3日間で福島県本宮市を訪問して「もとみや秋祭り」に参加し、さらに「マーガレットファーム」で秋野菜の収穫を行いました。

「もとみや秋祭り」には、女性だけで担ぐ伝統の「真結女御輿(まゆみみこし)」の担ぎ手として、学生28名とOG3名、大学職員が参加しました。 一日も早い復興へと頑張っている本宮市の皆さんを元気づけようと、御輿の担ぎに名乗りを上げて今年で6年目を迎え、本学の学生が担ぎ手になることが恒例行事となっています。

学生たちは、緑の法被とねじり鉢巻きという祭装束を身にまとい、「せいやっ」「さー」の掛け声とともに御輿を担ぎ、気温10度に満たない寒さにも負けず、多くの市民が見守る街中を4時間にわたり練り歩きました。

お祭りの合間をぬって、放射能モニタリングセンター、福島県産米の全量全袋検査場を視察しました。視察した学生は、風評被害で苦しむ農家の現状を肌で感じ、普段当たり前に食べているお米の有難さを痛感していました。

最終日には、本学専用農園「マーガレットファーム」で、11月3日・4日に開催される地域物産展で販売する秋野菜を収穫する予定でしたが、前夜の雨の影響で中止となりビニールハウス内での収穫作業を行いました。

本学は、今後も本宮市の復興支援に協力して参ります。

[連携教育推進課]


関連リンク

関連記事