相模女子大学

【日本語日本文】浦辺敏子客員教授による授業が行われました

2017/10/19

10月11日(水)、7号館711教室にて、浦辺敏子客員教授による授業が行われました。

浦辺氏は本学の卒業生であり、大手百貨店グループで初めての女性社長を経験され、現在は経営コンサルタントとしてご活躍されています。

今回は、日本語日本文学科の3年生を対象に「戦略的な就職活動」をテーマに、就職活動が開始するまでに準備しておきたいことや、企業選びのポイントなどをお話いただきました。

近年、就職活動スケジュールは大幅に変化しており、エントリー開始から選考開始までの期間も非常に短くなっています。戦略的な就職活動を行うには、エントリー開始時期までには、世の中にはどんな企業や職種があって、自分はどんな仕事に就きたいのか、イメージ出来ていることが大切であると浦辺氏は述べられました。

また、例年エントリーシートは通るのに面接で落ちてしまう学生も見受けられるようですが、学内でも就職合宿や三大学合同面接会などが開催される予定ですので、積極的に参加し、面接に慣れていく対策をしていくよう呼びかけられました。

最後に浦辺氏から「現在は売り手市場と言われていますが、待っているだけではだめです。ネットの情報をなんとなく眺めているだけではなく、まずは行動してみましょう。自分の足を動かして感じる事が大切です。」と学生たちにエールを送られました。

今回の授業は、就職活動を目前とする学生たちにとって大きな刺激となったことと思います。今から自分は何を始めなければならないのかしっかり計画し、目標を立てて頑張ってほしいと思います。

[総務課]


関連リンク