相模女子大学

【国際交流】文藻外語大学日本語学科の学生と現地で交流授業を行いました

2017/03/22

本学の学生8名が3月11日(土)から2週間の予定で、台湾高雄市にある文藻外語大学で中国語研修を行っています。台湾南部に位置する高雄は非常に暖かく、日差しの下では汗ばむ気温ですが、朝夕は非常に快適です。参加者は午前に授業、午後に授業の補習と午前8時から午後3時まで中国語を学習し、夕方は高雄市内の夜市に出かけたりと充実した生活を送っています。

台湾の方たちは非常にフレンドリーで行く先々でお世話になっていますが、学生たちの楽しい滞在の大きなサポートとなっているのが今年度秋学期に本学に留学されていた官さんをはじめとする日本語学科の皆さんです。

3月17日(金)には、第1回目の文化交流授業を行いました。本学の学生たちは練習してきた中国語で自己紹介し、お互いに趣味を紹介しあった後、日本から持参した「ことわざカルタ」で楽しく交流しました。札に書いてある日本語のことわざを文藻外語大学の学生に説明するなど、カルタに白熱して2時間の授業があっと言う間でした。授業の後も話は尽きず、週末に一緒に出かけた学生たちもいたようです。

2週目にも交流クラスが予定されていますが、それまでにすっかり仲良しになっていることでしょう。次の授業までには中国語を更に磨いておきたいですね。