相模女子大学

【地域連携】東京都町田市と協働研究に関する協定を締結

2015/07/13

20150713_machidasikyoutei

相模女子大学は、東京都町田市と「デザインの力で3R活動を推進する協働研究に関する協定」を締結し、7月8日(水)、東京都町田市の石阪市長と風間学長による調印式を、町田市役所で行いました。

この取り組みは、生活デザイン学科の小林るり専任講師、吉川ちひろ専任講師が進める「廃棄された素材をデザインの力で『Re-クリエイト(再構築)』する手法の考察」について、大学と行政が相互に協力しながら、協働で研究するもので、今後、町田市から提供された素材を活用して、エコバックなどを『Re-クリエイト』し、学内におけるレジ袋の使用を抑制するための実証実験などを行う予定です。


関連リンク