相模女子大学

【子ども教育】佐藤弘道教育・文化顧問の授業を行いました

2014/10/29

20141022_satou_01

子どもと一緒に楽しめる運動あそび

10月22日(水)マーガレットホール4階ガーデンホールにおいて、子ども教育学科の学生を対象に、本学の教育・文化顧問の佐藤弘道氏による授業が行われました。

今回は「子どもと一緒に楽しめる運動あそび」をテーマに、指導者としての心得から準備体操、実際の運動あそびの実践へと展開していきました。

授業の冒頭、学生たちに「運動が好き」「運動が嫌い」のどちらかに挙手させた後、佐藤氏はスポーツと運動の違いについて「例えば、歩くのは『運動』だけれども、それを競い合うと競歩という『スポーツ』になる。『運動』は、誰もが行うものであるはずなのに、競争させて限られた競技者のための『スポーツ』としてしまうことで、『運動が嫌い』という感情が生まれてしまう。幼児教育の指導者として子どもたちと『運動』を行う時は、競争させて『スポーツ』にする必要はない。」と述べられました。普段行っている「歩く」という行為を取り上げて、スポーツと運動の違いを説明され、学生たちも「なるほど」と大きく頷いていました。
その後の準備体操では、「かかとを床から離さない」という正しい屈伸や伸脚の仕方を教てくださり、体がほぐれたところで、テーマである「子どもと一緒に楽しめる運動あそび」を実践しました。

楽しく運動するための「遊び」を学んだことで、学生たちは、将来指導者として子どもたちを指導するための引出がまたひとつ増えたのではないでしょうか。

20141022_satou_04

[企画広報課]