相模女子大学

【地域連携】三重県熊野市の丸山千枚田で稲刈りを行いました

2014/09/26

20140926_kumano_ine-kari_02

9月12日(金)から15日(月)まで、社会マネジメント学科の学生25名と、学長、専務理事以下6名の教職員が参加して、三重県熊野市の丸山千枚田での稲刈り体験や、熊野三山を巡るツアーなどを行いました。

今年5月に本学学生が植えた苗は見事に成長し、一面黄金色となった景色を楽しむのも束の間、稲刈りの作業はかなりの重労働で、ぬかるみに足をとられながらも学生たちは懸命に作業をしていました。今回の作業を通して、普段何気なく食べているお米のありがたさが身にしみたようです。

また、今回は3年生3名、2年生1名のサポーター(これまで何度も熊野に足を運び、現地に精通した学生たち)によって、「日本人のルーツを知る」をテーマにした熊野三山を巡るツアーが企画され、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を一日かけてまわりました。さらに、そこで自分が感じたこと、学んだことなどを熊野市ふるさと振興公社の方々との交流パーティーの場で発表しました。

今回の稲刈りで収穫された米は11月の相生祭で販売する予定です。

20140926_kumano_ine-kari_03
関連リンク