相模女子大学

【生活デザイン】反射材エキシビション2014にて作品を展示

2014/09/16

学生作品展示風景反射9月10日(水)~11日(木)、反射材を使って生活デザイン学科の学生がデザインした衣装や教員がデザインした作品が、一般社団法人日本反射材普及協会が主催する「反射材エキシビション2014」にて展示されました。

反射材は、光源に向かってそのまま反射する特殊な素材です。道路標識などに利用されることが多いのですが、この展示会は普段の生活シーンで使用できる様々な反射材商品やスタイリングを集めて展示しています。
大変多くの方に訪れていただき、反射材の特徴や視認性を確認していただけました。また、生活デザイン学科の学生デザインの衣装や教員の制作した作品を通して、反射材の素材としての可能性をデザインやアートの分野でも示すことができました。

学生のデザインした衣装は、11月の相生祭や12月の伊勢丹でのファッションショーでも出演します。今回のエキシビションに来ていただけなかった方も、ファッションショーにて反射材の不思議な特徴を活かしたデザインをご覧ください。

[生活デザイン学科]