相模女子大学

【地域連携】社会マネジメント学科の学生が津南で「そばまき」を体験、まちづくりを学びました

2014/08/07

20140805_tsunan038月2・3日、1泊2日で、今年も津南で「そばまき」体験を行いました。

参加者は、1年生11名、2年生3名、3年生2名の計16名。昨年と異なり天候も良好で、今年は気持ちよく「そばまき」ができました。10月には「そば収穫」体験が予定されています。

毎年「そばまき」と合わせて、途中の塩沢で地元出身「鈴木牧之」の記念館に立ち寄り、さらに近くの雪深い当地らしい町並みも見学しています。「牧之通り」は雁木(雪よけの庇)が特徴で、江戸時代の塩沢宿を彷彿とさせる町並みは、日本人の心を感じさせる落ち着いた風情があります。この通りは10年余りにわたる地元有志によるまちづくりとして「手づくり郷土賞」(国土交通省)を2012年受賞しています。

本物に触れることで、学生は実に多くのことを学んでいます。

[社会マネジメント学科]

関連記事
関連リンク