相模女子大学

【客員教授】白河桃子客員教授による授業を実施

2014/08/04

「女性の活躍と人口減少社会」


20140714_shirakawa_01

7月14日(月)7号館711教室での全学共通科目「食と生活・環境A」の授業で白河桃子客員教授が教壇に立ちました。

今回は、「女性の活躍と人口減少社会」というテーマで、女性が社会で活躍することと人口との関係性を紐解き、日本と諸外国のグラフなどを交えながら講義してくださいました。

人口が減少していく現代で、働きたい女性、働きたくない女性のいずれもが自由に、当たり前に働くことを選択できる社会になり、働きながらでも子どもを産み、育てていくことが出来れば、少子化そして人口減少は軽減する未来をつくることができるのです。

今回の授業では、学生たちが卒業後社会に出て、女性としてどう生きていくか、そこで選ばれる個人の選択が、やがては日本の将来を動かすことになるという、自分たちにとって身近なことであるということを学生たちに教えてくださいました。
これからの進路を考える時、結婚や出産を考える時、思い出して参考にして将来設計をしてもらえればと思います。