相模女子大学

地域連携

相模女子大学の地域との連携は、全国で展開されています。日本経済新聞社発行の雑誌「日経グローカル」の調査「大学の地域貢献度ランキング」では、本学は2011~2017年度(※)の間、連続で全国女子大学で第1位を獲得しており、産学連携での商品開発も盛んに行われています。
※調査が行われなかった2016年度を除く

no.1

本学と連携している一部の地域をご紹介します。

北海道 標津町

現地の食材を活用した食育活動

福島県 本宮市

「もとみや応援団」結成!学生が被災地支援に大活躍

新潟県 佐渡市

日本の伝統芸能を体験 ツアープランなどの提案が商品化

群馬県 富岡市・沼田市

農業体験・地域活性化へ取り組み

長野県 生坂村

生坂村の大自然も本学のキャンパス

京都府 和束町

お茶から学ぶ伝統文化体験

三重県 熊野市

田植えと稲刈り、農村での生活を体験

福岡県 糸島市

女性のはたらき方研究プロジェクト

相模女子大学コラボ商品紹介!

梅酒「翠想」

地元の久保田酒造のご協力のもと、梅の収穫、仕込み、瓶詰め、ラベル貼付けまで、製造工程に短期大学部食物栄養学科の学生が携わりました。学内で収穫した梅の実から作られました。

06プレミアムマーガレットケーキ

食物栄養学科と自然の色や素材を大切にしたおやつ&デリショップ「3p.m.さんじ」が、マーガレットケーキを共同開発しました。

imoshoku・トマトスウィーツ

社会マネジメント学科、管理栄養学科、株式会社つかもとの産学連携により生まれた商品です。