相模女子大学

人間心理学科

学科紹介

心理・人間文化・社会福祉の3つの領域から、それぞれ科目を選択。
多角的なアプローチにより、人間の心をまるごと学びます。全身を使って体験的に「心とは何か」を追究します。

人の良き援助者になりたい

「産業・組織心理学」「コミュニケーションの心理学」など、人をサポートするうえで役に立つ心理学(スムーズな人間関係づくりやモチベーションアップの方法など)を学びます。

カウンセラーになりたい
(公認心理師・臨床心理士など)

「臨床心理学概論」「心理演習」「心理療法演習Ⅰ~Ⅵ」など、カウンセラーになるための理論と技術を修得します。

子どもの心と発達を学びたい

「発達心理学」「教育・学校心理学」「青年心理学」などの学びを通じ、心理学の面から子どもへの理解を深めます。

いじめや暴力をなくしたい

「トラウマの心理学」「司法・犯罪心理学」など、いじめや暴力をなくす方法について心理学を通じて探っていきます。

学びをくらしに生かしたい

「社会・集団・家族心理学」「環境心理学」「エスノグラフィ演習Ⅰ・Ⅱ」など身近な出来ごとを新たな視点から見つめます。

癒しについて学びたい

「現代の癒し文化」「癒しのフォークロア」など、癒しとは何かについて学び、またその文化的な背景を探っていきます。

生死の意味について考えたい

「心身の哲学」「トランスパーソナル心理学」「ケアの人類学」「医療人類学」など、生きること、死ぬことの意味について考えていきます。

ソーシャルワーカーになりたい(社会福祉士)

「現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ」「社会保障法Ⅰ・Ⅱ」「介護保険制度」「ソーシャルワーク演習Ⅰ~Ⅲ」など、人間の営みと法制度との関係を理解し、それを支えるための実践方法を学びます。

卒業後の進路

カウンセラー/ソーシャルワーカー、医療・福祉・教育関連機関、公務員(心理職・福祉職)、健康関連産業、接客サービス、大学院進学 ほか

主な就職先

取得できる資格

・社会福祉士国家試験受験資格
・公認心理師国家試験受験資格※1
・ピアヘルパー受験資格
・児童指導員(任用資格)※2
・情報処理士
・社会福祉主事(任用資格)

※1 卒業後大学院で指定科目を修めて修了後または一定期間の実務経験後
※2 資格の有無の判断は、採用施設・企業・自治体等が行います

バックアップする資格・検定

・認定心理士
・ビジネス実務マナー検定(在学中に取得可能)