相模女子大学

栄養科学研究科

sp_graduate_topより深く学びたい人のために

教育研究の特色

長年にわたって栄養士や管理栄養士を社会に送り出してきた本学がそのノウハウを結集し、新しいタイプの大学院「栄養科学研究科博士前期課程および博士後期課程」を設置しました。栄養学と医学・生物科学・食品科学などの成果をシンクロさせたカリキュラムで、細胞分子レベルにまでおよぶ学習・研究体制を実現。生命科学の視点で、健康の保持・増進および疾病の予防や治療に貢献するスタッフとしての「栄養の専門家・研究者」を養成します。

施設・設備

拠点となるマーガレット本館6階には、講義室や自習室を設置。5号館の共同実験室にはリアルタイムPCR機器や高速液体クロマトグラフィー、呼気代謝測定装置などを設置して、幅広い実験に対応しています。また、カリキュラム内容に合わせて図書、学術雑誌、視聴覚資料、電子ジャーナル、データベースなども配備。医学・薬学系、自然科学系、栄養学系、食品化学系、農学系など、生命科学関連の国際的な電子ジャーナルを閲覧できる環境も整備されています。

長期履修学生制度

職業を有しているなどの事情により、勉強時間の確保が困難な場合に限り、長期履修学生制度を利用することができます。これは、定められた修業年限にかかわらず、入学から修了までの期間を長期に設定して履修することができる制度です(授業料等も在籍年数に応じて分割されます)。

主な就職先

取得できる資格

・栄養教諭専修免許状(栄養教諭一種免許状を取得していることを履修条件とします
*教職課程再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります