相模女子大学

食物栄養学科

学科紹介

栄養士として早く社会に出て働きたい人にぴったりの学科です。充実した実験・実習で即戦力を磨きます。食品衛生監視員・食品衛生管理者の任用資格も併せて取得可能です。

子ども×栄養士

保育園や幼稚園、小学校での栄養士は、最も多くの先輩たちが選んでいる進路です。現場ですぐに役立つ「実践栄養学特論実習」などの授業やインターンシップ、OGたちのネットワークで、この進路をめざす学生を応援します。

スポーツ×栄養士

スポーツ栄養士(管理栄養士)への活動に興味・関心が高まり、評価されるなかで、「スポーツと栄養」という専攻科目を設置し、スポーツクラブや健康増進施設などの幅広い健康指導者をめざす学生への支援科目としています。

食の安全×栄養士

食品メーカーの「食品衛生管理者」や保健所などの行政機関に所属する「食品衛生監視員」になるためには、それぞれの任用資格が必要です。一般的に短期大学では取得することができないこれらの任用資格を本学では取得できます。

心のケア×栄養士

栄養士の仕事は「ホスピタリティ」が大切です。ホスピタリティとは、思いやりをもって対象者の健康を守ることを意味します。栄養士として「心のケア」にもかかわれる人間的な幅を育てるために、担任制を導入し、一人ひとりに細やかな指導を行っています。

商品開発×栄養士

食品メーカーでは、新商品の開発研究に栄養士を起用する傾向があります。食品学や栄養学、調理学を学び、さらにゼミナールや施設見学会などの研修に参加することで、この分野で活躍できるスキルを身に付けましょう。

医療×栄養士

新入生のなかには、医療系大学などを卒業してから、ステップアップをめざして入学する方がいます。逆に、本学科を卒業してから4年制大学へ編入学し、より深い研究活動や「管理栄養士」の道をめざす学生もいます。もちろん、どちらもしっかりサポートしています。

卒業後の進路

・栄養士(事業所・学校・幼稚園・保育園・老健施設・病院など)
・食品会社(製造職・研究職・開発職・営業職・販売職など)
・進学(4年制大学編入・専門学校など)
・公務員 など

主な就職先

取得できる資格

・栄養士
・管理栄養士国家試験受験資格(卒業後実務経験3年以上経過後)
・食品衛生監視員(任用資格)
・食品衛生管理者(任用資格)
・社会福祉主事(任用資格)