相模女子大学

健康栄養学科

学科紹介

「人の健康に食分野から幅広くアプローチ」をテーマに、食育・調理関連科目を多数開講。栄養士資格に加え教員免許など複数の資格を有し、さまざまな分野で活躍できる人材を育成します。

食品と身体の関係を知り、食品の機能を理解したい

栄養学・生化学・解剖学・生理学を理解することにより、食品の成分が体の中でどう変化するのか、その機能性は何かを学びます。

家庭科の先生になりたい

栄養学や調理学の豊富な知識に加えて、衣食住や家族関係、家庭経営、消費者問題など、社会生活にも強い家庭科の先生をめざします。

食材について知り、上手な調理法を身に付けたい

食品学で食材の特長を知り、調理学・調理学実習で技術を修得し、どのように食材を扱い調理するのかを学びます。

調理を科学的に理解したい

調理による食材の変化について科学的な視点で分析し、技術を学ぶための理解を深めます。さらに「鮮度がよい」「おいしい」などの評価法を学びます。

盛り付けやセッティングの美しさにこだわりたい

料理の美しさやテーブルセッティングの技術とセンスを磨き、フードスペシャリストの資格取得をめざします。

食べる人に合わせた食事を提供したい

喫食者の年齢や生活状況の違いに応じた栄養量を算出し、嗜好品にも配慮した食事を提供することで、毎日の豊かな食生活をめざします。

栄養だけでなく、運動からも健康にアプローチしたい

スポーツ・栄養関連科目を履修し、運動指導を理解して栄養指導のできる栄養士をめざして学習します。

卒業後の進路

・栄養士
・中高教諭(家庭)
・商品開発
・フードコーディネーター
・フードスペシャリスト
・食品衛生監視員
・食品衛生管理者
・大学院進学
・起業(カフェ・レストラン) など

主な就職先

取得できる資格

・栄養士
・管理栄養士国家試験受験資格(卒業後実務経験1年以上経過後)
・中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)※
・フードスペシャリスト受験資格
・専門フードスペシャリスト受験資格
・食品衛生監視員(任用資格)
・食品衛生管理者(任用資格)
・情報処理士
・社会福祉主事(任用資格)
※教職課程を履修するにあたり、2 年次修了段階において一定程度以上の基礎学力の基準が設定されております。